何度も出張に行っている中でも、とくにおすすめのアプリ3つ(地図アプリ、地下鉄アプリ、SNSアプリ)を紹介します。
私はiphoneを使っているので、iphoneアプリになりますがandroidでも同様のアプリはあると思います。

 

 

 地図アプリ:maps.me

1番目に紹介するのは、地図アプリです。これを教えてもらって使うようになってから、行動範囲や土地勘を一気に高めることができた、非常に便利なそして、おすすめのアプリです。中国ではgoogle系のサービス(google検索、googlemap)が全く使えませんので、日本で慣れ親しんでいるgoogleマップが使えません。

 

日本で購入できるガイドブックでは、主要都市しか地図はありませんし、何より細かい情報が載っていないので十分ではありません。当初中国に行きだしたときは、中国のコンビニやホテルで紙のマップを買ったりしましたが、それでもGPS機能を使えるアプリにはかないません。

 

また、このアプリの優秀なところは、一度ダウンロードをしておくと、3G/4G通信をせずに現在地を読み込んでくれることです。日本のスマホ・携帯を海外で普通に使ってしまうと、海外ローミングと言って通信費が非常に高く付きます。したがって、基本は機内モードにして、通信をしないようにしています。また海外でもできるだけ通信をしたい場合は、海外用のモバイルwifiをレンタルして使います。ただし、レンタルの場合も通信容量の制限があることが多いので、容量を気にしながら使っています。

 

そんな状況の中、GPS機能を使えるmaps.meは本当に便利なアプリです。

 

 maps.meの使い方

ダウンロードした地図は、このように見えます。これは深セン空港付近のちずです。
大きな道路や空港、フェリー乗り場があります。
中国,アプリ,地図

 

もっと拡大すると、細かい通りや建物まではっきりと分かります。赤いピンマークは、イオンの場所です。
場所をブックマークできるので、また行きたいお店などを登録しておくことができます。また出発地、へのルートと下にあるようにルート検索もすることができます。
中国,アプリ,地図

地下鉄アプリ:Metroman

中国で移動するのに、一番気軽に使えるのが地下鉄です。タクシーやバスという手段もありますが、地理をわかっていないと難しく感じます。一方で地下鉄は路線図をみて、目的地までの乗れば良いので簡単です。(中国語の駅名は韓国語よりはるかに頭に入りやすいので、乗り過ごすこともありません。)そんな地下鉄を乗りこなすのに便利なアプリがMetromanです。

 

深センや上海では、地下鉄の路線が複数あり、乗り換えを上手に使うことで行動範囲がぐっと増えます。
深セン版の地下鉄アプリ:Metoromanの使い方を説明します。

 

 metromanの使い方

アプリを開くとこんな画面です。日本の乗り換え案内アプリとすごく似ていますので、直感的に操作できます。

 

中国,アプリ,地下鉄

 

 

出発駅と到着駅の入力ですが、それぞれタップすると、つぎのような画面がでます。
下にスクロールすると、駅と路線が選べますので、このなかから選びます。
中国語での入力が不要ですので、非常に使いやすいです。

 

中国,アプリ,地下鉄

 

出発駅と到着駅、時刻を入れられれば、検索をします。
このあたりは、本当に日本のアプリと一緒ですね。

 

中国,アプリ,地下鉄

 

 

結果の表示の仕方も日本で使っているアプリとほぼ一緒で、目的地までのルートがリストで表示されます。運賃の¥2というのは、日本円ではなくて、人民元です。表記が同じ”\”ですので、注意をしてください。この場合ですと、約30円くらいになり、運賃も安いです。

 

中国,アプリ,地下鉄

 

このリストの一つを選ぶと、つぎのような画面がでます。
路線(1号線)、行き先、所要時間、距離、駅数、金額、乗り換え回数など見やすく表示されます。

 

また路線図をみれば、路線の全体感も把握することができます。
中国,アプリ,地下鉄

SNSアプリ:wechat

言わずと知れた中国のSNSアプリwechat(微信 (Weixin))です。中国ではGoogle系アプリが使えないのに加えてLINEやfacebookも使うことができません(*)。そんなときに活躍するのがwechatになります。

 

(*)VPN(バーチャル プライベート ネットワーク)を使えば、中国の制限なしに日本と同様の通信ができるようになります。
自分でVPNを構築するのは、なかなか大変ですが、今なら海外用レンタルwifiにVPN機能付きのものがあります。

 

 

wechatでは、登録すればLINEのようにトークをしたり、音声通話ができ、画像や動画も共有できます。
トークはグループでもできます。したがって、日本にいる人にも登録してもらうと出張先と日本側で非常にコミニュケーションを取りやすくなります。

 

また、中国人はほとんどwechatを入れてますので、現地でのコミニュケーションにも役立ちます。

 

 wechatの使い方

wechatは登録さえできれば使い方は、あまり説明することがありませんが、簡単に画面のキャプチャをのせておきます。

 

ユーザー登録をして、開くとこんな画面です。
個人情報のため真っ黒ですが、フレンドやグループが一覧で表示されます。

 

トークはこんな感じでLINEと近いです。
wechat,iphone