中国出張で食事は大丈夫なのか?

中国出張時の食事・食べ物やおすすめについて。

中国出張の際にどんな食事なのか気になる方も多いです。少し周りに出張者や赴任をされた方がいると、あまり食べられなかったという話も聞きます。一方で全く知らない方は、「中華は美味しそう」とか気軽に言われることもあります。

 

実際に私が出張した際に食べた料理なども紹介しながら、どのような食事内容なのか紹介していきます。正直に言うとあんまり美味しくなくて食べられなかったり、美味しい料理もあったりといった感じです。私の場合、基本的に好き嫌いはほとんどありません。

 

中国で食事をするのに比べると、日本で食べる食事は平均点が非常に高い感覚です。嫌いな食べ物以外に、外食やコンビニのお弁当、お惣菜などで、マズいと思うことはほとんどないのではないでしょうか。一方で中国の場合は、本当に美味しいと思える料理からちょっと苦手(あんまり食べられない)というものまでピンきりです。とくに偏食の方は少し、日本の食材を準備しておく方がベターです。

 

本場中国の中華料理は美味しいのか?

YESともNOとも一言で答えられません。会社の食堂などでも食べることもあれば、高級ホテルのレストランに連れて行ってもらえることもあるので、どこで何を食べるかによります。ただ、王将のような日本で食べる中華料理を想像していくと、全く違う料理がほとんどなので、そこは出張前に心の準備をしておいてもらいたいです。

 

ラーメンや餃子、天津飯、エビチリなどほとんど食べることはありません。もちろん日本で食べる中華料理も中国から伝来しているので、似たようなメニューはあるのですが、結構違います。ふらっとその辺のお店に入って、同じような中華料理を食べられるわけではありません。

 

もし、餃子や拉麺といったメニューを見つけても似て非なるものである可能性が高いです。チャーハン(炒飯)と焼きそば(炒面)はまだ近いかな。ソースの味は違いますが、日本人でも食べやすいメニューといえます。

 

また日本では、一言で中華料理と読んでいますが、中国ではそれぞれの地方ごとに、北京料理、上海料理、台湾料理、東北料理、四川料理などたくさんあり、それぞれ全く違う料理です。日本で辛い料理として有名なのは四川料理ですが、あれくらい各地方それぞれの料理では、全く違います。

 

おすすめは、点心と台湾料理、辛いものを食べてみたければ湖南料理です。点心は飲茶ですね。台湾料理はどの料理も日本人の口にあっていると思います。辛い料理は日本で食べるのとレベルが全く違うので苦手な場合ははっきり言っておいたほうが良いです。

 

中国で日本料理を食べられるところはある?

私が出張で行ったことがある都市は、上海、蘇州、深セン、東ガン、昆山ですが、どこでも日本料理店はあります。さらに地方に行ったり、ホテルなど滞在する場所から行きやすいところにあるかどうかは別問題となりますが。

 

せっかく中国にきたのだから、日本食よりも本場の中華を食べようと思われるかもしれませんが、結構日本食を食べる機会も多いです。

 

一緒に出張している同僚や上司が日本食ばかり食べたがったり、駐在している方が日本食を食べたがったりするからです。また、自分も体が疲れているときは、優しい和食を食べたくなることがあります。

 

一般的には日本のチェーン店の居酒屋レベルのお店が多いと想像してもらえるとわかりやすいと思います。チェーン店でも美味しいところとやや落ちるところなどあると思いますが、向こうでもそんな感じです。

 

中には、日本にあっても行きたいと思えるレベルの店もあります。高級ホテルなどお金をたくさんだせば、日系のレストランなど美味しいところはたくさんあるでしょうが、一応あまり高いところは考えていません。

 

そんな日本料理レストランは、大体食べ放題・飲み放題をやっているところが多く、時間も長くいられる(2時間で追い出されることもない)店がほとんどで、キリンやアサヒのビールに、焼酎や日本酒も取り揃えられているので、行きやすいです。

 

また、一人で入ることになっても、メニューも日本語(少し間違っていたり、変なときもありますが)で店員さんも日本語を話せますので安心です。金額は一人200〜300元くらいでしょうか。そのへんの中華料理の店に入ると、二人100元でお釣りが来たりしますが、日本で食べるのと同じくらいの金額なので、まあヨーロッパのように高っ!となることは稀です。

 

メニューとしては、本当に居酒屋のような感じで、サラダ、お刺身、焼鳥、揚げ物、だし巻きなどがありますが、お刺身は一応避けておいた方が無難です。私は食べたこともあり幸いあたった経験はありませんが、やはり怖いです。

 

そんな日本料理の店にも中国人が多数くるようになってきており、経済レベルがかなり上がっていることを実感します。もちろんお金持ちは日本人以上に多いのでしょうが。

 

中国でファーストフードは?

マクドナルドやケンタッキーなどのファーストフード店は、メニューこそ違えぞ日本で食べるものに近いので、食べるものに困ったら利用しましょう。日本と少し違うメニューや味付けがみやげ話にもなります。

 

あとは、吉野家やCoCo壱番屋なども出店されていますが、こちらも少し違うかなーという感じです。ただ店の清潔さやサービスなども含めると日本人にとっては、かなり入りやすいお店であることは間違いありません。
中国のファーストフード店もありますが、私はあまり口にあいませんでした。

まとめ:

  • 中国での中華料理は日本で食べる中華とは全く違う。
  • 居酒屋チェーン店レベルの日本食は食べられる。
  • 世界的なファーストフード店は、安定。